So-net無料ブログ作成

【帆船】「男爵ディーノ号」が行方不明に! 発見後、新アウトリガーを装着し、いざ出航! [DASH島]

DASH島図3.jpg


DASH島で開拓に着手して6年目。
舟屋造りからトロッコ線路の敷設、石橋造り、そして森の井戸から船屋手前までの水路造りを2年半がかりで完成させた。次なる課題は反射炉の建設。
基礎工事、土台、傾斜のある炉床から炉心部造りまでを1年半かけて行った。
一方、隣の島へ行き、島の物産品で交易したいと、帆船造りも行い帆船「男爵ディーノ号」を造ったが、大潮か台風の影響からか、ディーノ号が忽然と姿を消してしまった。

帆船「男爵ディーノ号」行方不明に

帆船「男爵ディーノ号」は、隣の島へ行き交易したいとの思いで、DASH島上陸以来の舟を帆船に改造したものだ。いわゆる帆立船の形で、船首には流木を取り付け男爵よろしくバケツの帽子をかぶせて「男爵ディーノ号」と命名した。これから島の物産を運んで隣島と交易を行う重要な手段なのだ。

それが秋のある日、島へ行った城島と松岡が「男爵ディーノ号」がないことに気づいた。
舟屋に舫ってあったはずが、ないのである。
スタッフは確かにロープでつないであったと言う。満潮時海水が舟屋まで侵入して船が浮く。干潮時は引き潮の勢いで強く引っ張られるが、しっかりロープで結んでいるので外れることはないだろうとのことだった。
では誰か人が盗んだのか?最近は船の盗難、エンジンの盗難が増えている。
あるいは潮で沖へ流されたのか?流されたのなら海上保安庁から何らかの連絡があるはずだが…
城島と松岡は海岸を辿って、船が流されているなら漂着するとおぼしきところを捜索した。
しかし、見つからない。沖を見つめても見渡せる範囲にはディーノ号はいない。
松岡「流されたりしたら海上保安庁から連絡来るもんね。あとこのへん漁船がいっぱいいるから、何か連絡があるよね」
城島「あと船長ね。太一がどう言うか」
松岡「船長は本来ここで見てなきゃなんないんだから、朝の番組終わったらここに来て見てなきゃ」

1週間後、その国分と長瀬もやって来た。
国分「盗まれたとしたら、ネットオークション見なきゃなんないの?」
長瀬「わははは」
一応スタッフがネットオークションを調べたが手がかりは見つからなかった。
国分「舟は大事だから。魚採るにしても隣島に行くにしても」
島内の移動や食料調達には欠かせないのが舟だ。
国分「じゃあ、造るしかないか」
長瀬「だよね」

そうこうしているうちにスタッフのランボーが慌てて国分たちのもとにやってきて、向こうの浜辺へ来てくださいと言う。
何事かと国分、城島、長瀬がついて行ったら、磯の海岸に船がもやってある。
国分「ええっ!これは!」
長瀬「舟あったの!?」
国分「和船じゃん!」
城島「どこにあったの?」
ランボー「沖にあって、漁師さんが見つけて持ってきてくれました」
長瀬「よかったよー」

海上保安庁に問い合わせたら、その日は大潮。なんらかの理由で島を離れたディーノ号は、引き潮に乗って北東へと進路を変え遠く離れたが、1週間周期で流れを繰り返す潮に乗り、再びDASH島近くに接近したところを漁船に発見されたと考えられる。

国分「若干傷ついてるね」
長瀬「よくひっくり返らなかったね。それだけでも幸運」
国分「あっ!男爵ディーノが落ちちゃってるじゃん!」
国分「もしかして男爵ディーノが落ちたことで、こいつ助かったかも」
城島「男爵が身代わりになったのかもしれんね」

帆船「男爵ディーノ号」にアウトリガー装着

いずれにしても男爵ディーノ号が戻ってよかった。これで漁にも隣島にも行ける。
しかし、隣島への海域は海が荒れる。一度向かったことがあるが、あまりの荒波でその時は断念している。
そこで、松岡が八丈島へ行きアウトリガーを学んできた。
横波に強く安定性がある、八丈島独特のアウトリガーは、ハワイが起源のシングルアウトリガー。250年前にハワイ移住者が持ち込んだと言われ、今なおこの島で重宝されているアウトリガーだ。
ディーノ号で採用したダブルアウトリガーだと水面から浮かすが、横風を受けると揺れ幅が大きくなる。シングルだと水につけっぱなしで、スピードは落ちるが横風に耐え安定性に優れている。
シングルアウトリガーは、進行方向に「ハ」の字型にして取り付けることで、進路も安定するという。
これを改装するディーノ号にも採用しようと、松岡はDASH島に乗り込んだ。流木の杉の木を使う。
松岡「この木を削ってアウトリガーを作ろうよ」
城島「逆三角形に削るんだね」
他の2人、国分、長瀬は船首像用の流木探しに海岸へ。そこで何と、流れ着いていたディーノを見つけた!
そのうち杉の木も形が整えられていった。
そして船への取り付けを行った。もちろん、ハの字型にして。

発見した男爵ディーノも船首に取り付けた。さらに頭には山本晋也監督風の帽子をかぶせた。
海岸で見つけたウサギ人形(関根と名付ける)をマスコットにして、帆も完成。
帆船男爵ディーノ号が再びDASH島に蘇った!

帆船「男爵ディーノ号」出航

帆船男爵ディーノ号が再び出航する日が来た。
国分船長、城島、松岡、長瀬の全員が揃った。
これに貿易品として、味噌・藻塩・傷薬・椿油・干しダコ・ヌタウナギを積んで、いざ、隣島へ!
DASH島を飛び出したディーノ号は、隣の「くじら島」へ。
国分「アウトリガーすごいね」
松岡「全然ゆれない」
国分を船長として、松岡が梶を、長瀬は帆を担当、城島は櫂(かい)で漕ぐ。
城島「ここから危険区域」
松岡「前回ここらへんでギャーギャー言ってね」
国分「やばい風が止まった」
松岡「でも初めてだよ、あれ(ブイ=安全水域標識)越えるの」
長瀬「あっ!向こうからでっかい船が!」
松岡「やばい。(反対側の)あっちからも来てるぜ」
長瀬「(ぶつかって)明日のニュースになるぜ」
松岡「タンカー来たら波すごくね」
国分「やばい、ホントにやばい」
すれちがった船はかなりの大きさ。もしこれにぶつかったら大変なことになる。
船のルール、海のルールを学ばなければならない。
そこで船は島へ戻り、一行は東京へ。

国分は東京ハーバー・ボートライセンス・スクールへ入学することになった。
ここで勉強し、一級小型船舶免許(20t未満操縦可)を取得するためだ。


以上、2018年12月9日(日)夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。