So-net無料ブログ作成
ウルトラマンDASH ブログトップ

ピンチを救うウルトラマン・清武がバスの窓にドリブルシュートを蹴り込む! [ウルトラマンDASH]

ピンチを救うウルトラマンが登場!

「元日はTOKIO X 嵐」と題して2017年1月1日、日テレ系夜6:00〜9:00で放送された『TOKIOウルトラマンDASH!』から、ウルトラマン清武選手の見事なフリーキックを紹介します。

ミッション=走るバスの窓にボールを入れよ
<長瀬智也が依頼>
とある高校の学校一持てる女の子が転校してしまうという。そこで彼女のファンの男子高校生たちがサッカーボールに寄せ書きして「俺たちのこと忘れないでくれ」と彼女にそれを渡そうとした。
ところがわがままな彼女は、「え〜、こんな普通の渡し方で私が満足すると思ってるの?!」と、ボールを受け取らずバスに乗って行ってしまった。

そこへやってきたのがTOKIOの長瀬。事情を知った長瀬は、
「だったらここからバスの窓めがけて蹴るしかないでしょ」と助言。
「ここからドリブルで行って、あの交差点でポーンと」
そんなことができるのは、スペイン・セビージャFC所属のMF清武弘嗣選手(27)しかいない!
日本代表MFでロンドン五輪代表ベスト4という実績の若き司令塔・清武の武器は、ドリブルシュート。スペインリーグで活躍するこの男に頼むしかない!

長瀬の依頼を清武選手は、セビリアに来てくれるなら、という条件で快諾してくれた。
早速、長瀬とスタッフはスペインへ飛び、清武選手と合流。

さあ、ウルトラマンDASH史上最高難度のミッションへ清武選手が挑む!
距離25m、スピード20km/hで走行するバスの窓にボールを蹴り込む。
窓の寸法は50cm×55cmという難関。
しかも途中の道には通行人が大勢いて、宅配人が缶をぶちまけるという障害まであるのだ。
「難しいけどクリアします!」と長瀬に宣言した清武選手、いよいよ挑戦する。
制限時間10分。

●1本目=うまく通行人をかわして交差点へ→キック→ボールはバスの遥か上へ。
 (高さ4.5m上だった。バスの到着の方が先だった)
●2本目=ドリブルスピードを上げて交差点に到達→キック→バスのサイドに当たる。
 (60cm左=惜しい)
●3本目=さらにスピードを上げて交差点に到達→キック→バスの窓枠に当たる。
 (缶のばらまきもうまくクリアし、タイミングも良くなった)
●4本目=余裕を持ってすいすいとドリブル→キック→バスの窓の中へ吸い込まれた!
 奇跡のドリブルシュートだ!!

残り時間はまだ8分以上もあった。わずか4回目で入れてしまった!
喜ぶ長瀬、セビージャ・ファンの人たち。
長瀬らは清武選手とハイタッチ!
すばらしいボールコントロールのウルトラマン・清武選手だった!

こうしてボールは見事、バスに乗る彼女に届けられたのである。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ピンチを救うウルトラマン・城島茂が壁を駆け上り卵を届ける! [ウルトラマンDASH]

ピンチを救うウルトラマンが登場!

「元日はTOKIO X 嵐」と題して2016年1月1日、日テレ系夜6:00〜9:00で放送された『TOKIOウルトラマンDASH!』から、われらがリーダー!ウルトラマン城島茂の壁登りを紹介します。

ミッション=寺田心君に壁を駆け上って卵を届けよ
<国分太一が依頼>

ここ東京・日本テレビでは子役・寺田心君が「卵かけご飯が食べたいよ!」と言ってきかない。
じゃあ、と国分太一が届けようとしたところ、玄関の警備が厳重でなかなか入れない状況である。
どうしよう?あっ、そうだ!卵かけご飯と言えば、あの男がいたじゃないか!
国分は、去年ラートに乗って、東山紀之に見事卵を届けたあの男を思い出した。
もはやあの男に頼むしかない!

あの男とは、TOKIOのリーダー、またの名をウルトラマン、城島茂だ!

窓から顔を出して寺田君が「壁を登って届けて」と懇願。
依頼を受けた城島は、トランポリンの元全日本チャンピオン・川西隆由樹(37)に師事して、トランポリンのジャンプ力を利用して壁を駆け上がろうと、猛特訓した。これは足で跳ぶのでなく背中で跳ぶので余計難しい。田中理恵さんのアドバイスも受けて、いよいよ卵を届ける段になった。

「40代、やって出来ないことはない!45歳の本気を壁にぶつけたい」

窓の下にトランポリンが設置された。
サポーターは川西さんにお願いした。
窓まで約5m。
城島は卵ケースを手に持って、トランポリンに背中をぶつけた。

●1回目=背中で跳んで足は壁を歩くような形に。1回、2回、3回、4回、だんだん跳ね上がってきた。川西さんのサポートもあって、だんだんジャンプが高くなってくる。そのたび城島は壁を1歩2歩3歩と駆け上った。しかし、なかなか届かない。そして疲れた。いったんブレーク。
●2回目=意識して強く背中をぶつけたせいか、1回目より跳んでいる。1回、2回、3回、4回、壁を踏む足がだんだん高いところまで到達するようになった。5回、6回、7回、8回、9回、10回…、あと80cm。と、ここで疲れた。いったん着地。
●3回目=田中理恵さんから「だんだん上がってるから落ち着いて」とのアドバイスを受ける。川西さんがトランポリンを揺らす。城島が背中ではねた。1回、2回、3回、みるみる高くなった。4回、5回、6回、7回、8回、9回、10回…、あと30cmまで迫った!しかし疲れでいったん着地。
●4回目=見かねた松岡が卵ケースを受け取ろうと窓から身を乗り出した。松岡の体は山口が支える。よしっとまなじりを決した城島は、背中をトランポリンに構えた。川西さんが揺らし始める。だんだん揺れを強くして、1回、2回、3回、4回と助走をつけて、5回、6回、7回、8回とだんだん高くなる。9回目にはあと50cmに迫った。10回、11回目にはあと30cm、12回目であとわずか、13回目、城島が壁を駆けた!腕を伸ばす松岡、城島も腕を伸ばした、その瞬間、卵ケースは見事松岡の手に渡った!
成功だ!
城島の執念と仲間の協力で、無事卵が寺田心君に渡り、卵かけご飯を食べる、ということになった!
そこにいる全員でハイタッチ!

城島の努力が実を結んだ瞬間だった。というわけで、ウルトラマン成功!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

ピンチを救うウルトラマン・遠藤保仁が宅配バイクの窓にFKボールを蹴り込む! [ウルトラマンDASH]

ピンチを救うウルトラマンが登場!

「元日はTOKIO X 嵐」と題して1月1日、日テレ系夜6:00〜9:00で放送された『TOKIOウルトラマンDASH!』から、ウルトラマン遠藤選手の見事なフリーキックを紹介します。

ミッション=宅配ピザ屋の走るバイクの窓にボールを入れよ
<長瀬智也が依頼>
大阪・通天閣本通商店街の宅配ピザ屋では、お正月限定として、1枚買うとサッカーボールが1個もらえるという、何とも太っ腹なキャンペーンを行っていた。これが大好評で、残りあと1個になり、早速注文が入った。急いで配達に向かった宅配バイクだが、うっかり、肝心のサッカーボールを忘れて走って行ってしまった。
呼び止めようにも間に合わない。どうしよう?だが、幸いにも宅配の荷台の窓が開いている。ここに突然ピザを食べている人物が「だったら、直接蹴り込むしかないでしょ」と店員にアドバイス。
長瀬だった。
ここ大阪でそんなことができるのは、ガンバ大阪のMF遠藤保仁選手(35)しかいない!
日本代表試合出場数152は歴代1位の記録。Jリーグ直接FKゴール数17は歴代2位だ。
しかも、2010WCの対デンマーク戦で決めた直接FKは世界から絶賛されたほど。
もはやこの男に頼むしかない!

長瀬の依頼を快諾した遠藤選手は、通天閣本通商店街へやってきた。
バイクまでの距離25m。バイクのスピードは20km/h。
窓の寸法は40cm×55cmという難関。
バイクの車体が小さいのと、商店街の十字路という場所から距離感がつかみづらい。
制限時間10分。

●1本目=ボールはバイクの後ろへ抜けていった。
 (距離感・高さは良かったがバイク窓に1m後ろだった)
●2本目=強く蹴り出したボールはバイクの運転席に当たる(強化プラで防護)。
 (これも距離感・高さは良かったが少し早かった)
 遠藤選手はスタッフのビデオを確認し、目標を自分なりにつかんだ。
●3本目=蹴り出しのタイミングをつかんだ遠藤は絶好のタイミングで蹴り上げた!
 しかし、わずかに窓の左に当たる。
●4本目=「ほんの少し右」とイメージして蹴ったボールは、走るバイクの小さな窓の下
 に当たった。惜しい!タイミングはドンピシャだったがボール半個分窓の真下だった。
●5本目=雨でボールが重くなったので、その分を微調整したタイミングで蹴った!
 入った!すごい!窓に吸い込まれるようにピタリと入った!
 遠藤保仁によって、奇跡がもたらされた瞬間だ!!

 残り時間はまだ4分以上もあった。喜ぶ長瀬、商店街の人々。
 長瀬らは遠藤選手とハイタッチ!
 すばらしいボールコントロールのウルトラマン・遠藤選手だった!



タグ:遠藤保仁
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「TOKIOウルトラマンDASH!」で数々の奇跡!(2)城島がラートで東山に卵を届ける! [ウルトラマンDASH]

ピンチを救うウルトラマンが続々登場!

「元日はTOKIO X 嵐」と題して1月1日日テレ系夜6:00〜9:00で放送された『TOKIOウルトラマンDASH!』をダイジェストで紹介します。


ミッション⑤お菓子界のウルトラマンが作るそっくりスイーツを見破れ!
<TOKIO全員/バナナマン/水トアナ/すみれ/中村アン>
◯かりんとうまんじゅう「飴菓桜」が2014年ご当地おやつランキングでグランプリを受賞した、神奈川県横須賀市の和菓子屋「いづみや衣笠本店」の店主・三堀純一(40)は、寿司、盆栽など、和菓子で何でも本物そっくりに作る超名人。
◯もう一人、「リベルテ・ソバージュ」がスイーツ界のワールドカップ「クープ・デュ・モンド」で優勝した、神奈川県川崎市の「パティスリー・エチエンヌ」の洋菓子職人・藤本美弥(42)も、野球グローブなど何でも本物そっくりに作るウルトラマンだ。
この二人が作ったそっくりスイーツを見破れるか?
場所は学校の教室。そこには黒板、黒板消し、地球儀、ランドセル、だるま、教科書、ノート、テニスラケット、花瓶、人体標本模型、笛、上履き、雑巾、習字などさまざまなものが置いてある。この中に5つだけ本物そっくりなスイーツがあるので、これを見破れというのが、ミッションだ。
●日村=上履きを指名→口にくわえたが、本物で失敗。
●城島=雑巾を指名→口にくわえた→食べた。そっくりスイーツ!
 三堀が作ったバニラ羊羹だった。
●水トアナ=カブトムシを指名→かじった→おいしい!スイーツだった。
 チョコと飴を混ぜて作った。木もスイーツ。
●松岡=バットを指名→グリップをかじった→固い!本物だった。
●すみれ=墨と硯を指名→墨をくわえた→嚙めない。本物!
●長瀬=消しゴムを指名→くわえた→嚙めない→本物!
●中村アン=ランドセルを指名→かじった→口に含んだ→スイーツだった!
 ランドセル全部、藤本が作ったチョコレート製。
●国分=書き初めを指名→かじった→スイーツだ!
 半紙はうんぺい(餅粉と砂糖)、墨汁は竹炭と卵白でできている。
●設楽=だるまを指名→かじった→口に入った→だが紙で本物!
●水ト=黒板消しを指名→かじった→食べた→スイーツ!洋菓子と和菓子の合作だった。


ミッション⑥走っている電車で切符にハンコを捺せ
<松岡昌宏が依頼>
ロンドン五輪アーチェリー銀メダリストの、古川高晴(30)に、アーチェリーの矢の先にスタンプを付けて、2車両先の透明ボードをバックにしたロボットアームに取り付けた切符にハンコを押すように依頼。
場所は走っている電車の中。距離30m、切符5×7cm。制限時間は10分。
●1回目=揺れたり曲がったりと射てなかったがまっすぐの時射た→わずか1cm下に。
●2回目=切符の3cm上に。
●3回目=切符に命中!端にハンコを押した!
 しかし古川は真ん中にこだわり、もう1回チャレンジ。
●4回目=切符に命中!今度は真ん中だ!
というわけでミッションは成功!


ミッション⑦テニスサーブでボールを買い物カゴに入れよ
<城島茂が依頼>
テニスサーブでボールをスーパーのカゴに入れられるか?
西岡良仁(19 アジア大会で男子シングルス優勝)に依頼。
スーパーのレジに置かれた買い物カゴは距離20m、位置は地面から90cm。制限時間10分。
●1回目=速いサーブを打ったが、大きく右側に。
●2回目=速いサーブ。5cm左上を通過。
●3回目=スピード落とし回転かけて打った。カゴに命中したが端に弾かれる。
●4回目=距離も方向もいい感じだったが、カートの取っ手に当たる。
●5回目=今度は右へとカーブしながら、カゴの中へ吸い込まれた!クリアー!


ミッション⑧落下する日村の財布をキャッチせよ
<国分太一が依頼>
天井に引っかかった日村の財布が落下する時、それをキャッチできるか?
そこで依頼したのが猛禽屋代表・鷹匠の藤田征宏。彼が扱うハリスホークのカイ(9)が落下する途中、空中で財布をキャッチするという。
カイは財布を見せても無反応だったが、財布にエサとなる肉を挟むことにした。
さあ!財布は天井から放たれた!
藤田師がカイを飛ばした!
空中を飛翔するカイ。
その鋭い眼の先には落ちる財布が。
財布とカイがクロスする。しかし、
キャッチできなかった。失敗。
だが、その下には日村が網を持って待機していたので、財布を網でキャッチした。


ミッション⑨ラートで卵を届けよ
<東山紀之が依頼>
日本テレビ17階の食堂で待っている東山紀之が城島に卵を届けてほしいとの依頼。
東山は白いご飯だけなので、卵が欲しいというのだ。
そこで、城島は卵を持って駆け出したが、足に激痛が走った!
24時間マラソンのダメージが今きてしまったと、そばの国分が近寄る。
これじゃ届けられそうにない。そこで国分は提案した。
「ラート」というドイツ生まれのスポーツがある。鉄の輪に人間が入って、くるくる転がるものだ。
これを使えば日テレ2階ロビーから17階食堂まで足を使わず運べるはずだ。
このミッションは、城島自身がウルトラマンとなる!
城島は、2005年世界選手権出場の山城秀彬(32)に弟子入り。
何とDASH島の舟屋でも練習していた。
●さて、本番を迎えた城島。ラートに卵の容器を取り付け、山城の助けを借りて、
 2階ロビーをスタートした!
 東山まで約200m。制限時間10分。
●難関1=高さ3mの入構証。(ラートの高さ2m)
 山城がラートの上に出てこれをキャッチ!
●難関2=サボテンの鉢。城島と山城が背中合わせに回り、ぎりぎりクリア!
●難関3=シーソー。ここもうまくクリア!入構証を差し込んでゲート通過。
●難関4=エレベーター(奥行き2.1m)。ここからは城島ひとりだ。方向転換に苦労する。
 扉の前で山城が降りた。城島が転がった。エレベータに入った。だが逆さまの状態。
 国分が17階を押してエレベータは17階へ。
●難関5=下りスロープ。城島はエレベータを下りた。全身の筋肉を使って方向転換する。
 スロープを下った。しかしなぜかそこには配膳ワゴンが置かれていた。
 その前でうまく停止した城島はワゴンをどけた。ここまで6分30秒。
●難関6=上りスロープ。最後の難関を上れるのか?その先で待つ東山。そこまで30m。
 「よしっ!行くぞ!」のかけ声と共に転がった城島。勢いがつく。
 しかし上りスロープにはばまれた。引き返す。上る。また引き返す。
 TOKIOの全員が集まった。ゲスト出演者からも「頑張れ」の声が飛ぶ。
 東山も声援する。
 「よし!」ラストスパートをかけた城島。渾身の力を込めた!
 上った!東山のところまで、ラートでたどり着いた! 
 停止し、卵の容器を外し、東山のご飯にこれをかけた!大成功!

数々のウルトラマンたちに寄る奇跡と、24時間マラソンに続く城島のタフさを見せつけられた「ウルトラマンDASH」でした。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

「TOKIOウルトラマンDASH!」で数々の奇跡!(1)中村俊輔が屋台の窓にFK蹴り込む! [ウルトラマンDASH]

ピンチを救うウルトラマンが続々登場!

「元日はTOKIO X 嵐」と題して1月1日日テレ系夜6:00〜9:00で放送された『TOKIOウルトラマンDASH!』をダイジェストで紹介します。

ミッション①隣のホームのゴミ箱の穴にゴルフボールをホールインワンせよ!
<国分太一が依頼>
元賞金女王の古閑美保がウルトラマンとして登場。
10分間でホールインできるか?
彼女が選んだクラブはサンドウェッジ58°
●1球目=ゴミ箱の穴に向かって一直線。しかし距離が足りず穴に届かず。
●2球目=方向は正確。しかし今度は距離がオーバー。5cm真上を通過。
●3球目=いい感じで小さな穴に迫った。しかし2cm左にぶつかった。惜しい!風も出てきた。
●4球目=これもすばらしい方向。惜しくも右にはずしたが、あと1cm。
●5球目=時間がなくなってきた。残り3秒で打ったショットは、横風を計算し少し右に打った。
     風でまっすぐ穴に迫る。どうだ?穴に吸い込まれたか?入った!!

ミッション②走っている舟の丼に麺と卵を入れよ
<山口達也が依頼>
空飛ぶサーフィン「ホバーボード」の達人、長田潤(22歳。マリンスポーツインストラクター・2013年全日本フライボード選手権優勝)に、ホバーボードを使って舟にラーメンの麺と卵を入れるよう依頼。
場所は都内の狭い川(運河)。制限時間は10分。
●ホバーボードで浮かび上がった長田は山口から麺を受け取ろうとするが失敗。
●今度はもう少し高く上がって、無事麺を受け取った。
●次はクルーザーを追いかける。途中バナナボートをクリアし、舟に追いついた。
●慎重に距離を詰め、入れようとするが、なかなかできない。舟の波、橋も邪魔になる。
●あと4分。浮かび上がるがなかなかタイミングが難しい。
●残り3分30秒。今度はうまく浮かび上がり、どんぶりに麺を入れた!
●残り3分。山口から卵を受け取った長田は、ボードで卵を割り、水を噴射して浮かび上がったが、舟に届かない。
●残り1分20秒。上に浮かんで舟に迫ったが、どんぶりに近づけない。
●残り1分。橋が迫ったので、一旦下がる。
●残り40秒。広いところに出て、浮かび上がり、タイミングを計っていた長田は一気に舟に迫った。
●残り31秒。差し出すどんぶりに見事卵を投入!成功!


ミッション③テーブルのカップにティーバッグを入れよ
<国分太一が依頼>
ラジコンへリでティーバッグをカップに入れられるか?
野々垣貴士(23歳。ラジコンヘリフライヤー世界選手権初出場で3位)に依頼。
直径わずか9cmのカップにティーバッグを入れるのだが、周囲に障害が多く、風も巻き起こる。
制限時間は10分。野々垣が選んだヘリは「マルチコプター」という4つのプロペラエンジンを持つヘリ。幅が広くバランスが良いので風の影響を受けにくいという。
●残り9分。ヘリの風でナプキンが飛び散った。
●残り8分。目標のテーブルに近づくもうまくいかず、一度上昇した。そのまままっすぐ下へ。失敗。
●残り7分40秒。旋回してテーブル上のカップに近づくも失敗。
●残り7分15秒。狙い定めて何回かトライして、バッグを下に下ろし、カップのお湯に浸した。成功!
●残り6分55秒。野々垣は一度浸しただけでは満足せず、もう一度、ティーバッグをカップに入れる。
 紅茶の色が濃くなった。クリアー!


ミッション④神社で走る屋台の窓にボールを入れよ
<長瀬智也が依頼>
お金を払い忘れたケバブ屋台が走って行ってしまう。これにお金を届けたい。
そこで依頼したのが中村俊輔。3年前に走るバスの窓にボールを入れ、世界中から賞賛されたFKのスペシャリストだ!去年はウエディングケーキの上の人形をボールで当てて落とした。これまでウルトラマンDASHの成績は1勝1敗1分。
さあ、中村俊輔(横浜Fマリノス)は走る屋台の窓にボールを入れられるのか?
神社の境内から走行中の屋台の窓へ入れるのだが、その距離25m。
車のスピードは20km/h。窓の寸法は40cm×55cmという難関。制限時間10分。
●1回目=助走をつけて蹴ったが、ボールは後輪にぶつかった。
 (2015年のJリーグ公式球を使用したのだが、モチモチ感があるので少し弱めに蹴ったため)
●2回目=強く高く蹴り出したボールは屋台の窓の真下に当たる。
●3回目=タイミングをつかんだ俊介は完璧なタイミングで蹴り上げたボールは前より近い、窓の真下にあ当たる。(タイミングは良かったが、もう少し上から降りる感じだと本人の弁)
(ここで番組恒例のナゾの夫婦の顔はめパネルを鳥居の脇に設置。これは意地悪でなく、さらなる奇跡が観たいがためだ。ナゾの夫婦はバナナマン日村と中村アンに似ている)
●4回目=「もっと上」とイメージして蹴ったボールは、走る屋台の小さな窓の中へ吸い込まれた!
 助走をコンパクトにしベストタイミングで蹴り込んだ。すごい!すごすぎる!!ピタリと入った。
 ついに中村俊輔によって、奇跡がもたらされた瞬間だ!!
 何とすばらしいボールコントロールを持った選手だ!

というわけで、数々の奇跡を紹介しましたが、続きは次回へ。乞うご期待!




ウルトラマンDASH ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。