So-net無料ブログ作成

【新宿タヌキ物語】新宿の小さな森のタヌキが赤ちゃんを産んだ。その子たちが成長し親離れするまで [新宿DASH]

新宿に自然を取り戻す企画

昔の新宿は山も川もある、豊かな自然に恵まれていた。それを利用した畑や田んぼ、雑木林などが多く広がる土地だった。
江戸時代には、白キツネ、サル、タヌキ、キツネ、カッパ(市ヶ谷の伝承=カワウソ)、シカなど多くの動物が生息していたという。落合ほたる=ホタルもいたようだ。
しかし、明治以降の近代化や戦後の急速な都市開発によって、自然が激減してしまったこの新宿を、人間と生き物が共に暮らせる未来の街をつくろう!というプロジェクト「新宿DASH」が2016年にスタートした。

新宿タヌキ物語〜それは糞から始まった

1年前の12月。城島、国分と川上さんが薬王院の森を訪れた。森の中を探索すると、糞がたくさん落ちているところがあった。
国分「ここトイレですよね」
川上さん「そうです。タヌキのため糞です」
ため糞は、タヌキが自分の縄張りを示す目印で、その中にギンナンがあった。ギンナンの種が丸ごと残っていた。
川上さん「タヌキはギンナンの皮を食べるんです」
国分「あの臭いとこ食べるんだ」
人間が食べるのはイチョウの実=ギンナンの種の核の部分「仁」。タヌキは皮=実の部分が大好物という。しかし、薬王院にはイチョウの木がない。どこで食べたのか?
川上さん「(別のタヌキが)遠くから来てたんじゃないかなあ」
城島「一杯飲んでおつまみにギンナン食べてやって来たのかな」(笑)
タヌキの行動範囲は半径1km圏。ここからなら都庁周辺から青山周辺までが考えられる。
川上さん「メスはあまりうろうろしないので、オスがやって来たのかもしれません」
TOKIOが薬王院で目にしていたのはメスのタヌキだった。したがってギンナン入りの糞を残したのはオスだろうと川上さんは言う。

新宿タヌキ物語〜イチョウにはオスとメスがある

そこで、半径1km圏内にイチョウの木を探しに行くことにしたした。スタッフがベース基地がある東京富士大の最寄り駅・高田の馬場駅周辺を捜索。すると繁華街の街路樹のイチョウがあったが、木の下に実が落ちてない。ということは、これはオスで実が生らない。イチョウにはオスとメスがあり、実をつけるのはメスなのだ。
次に行ったのは下落合。公園のイチョウ、街の街路樹のイチョウを調べたがすべてオスだった。
捜索3日目。薬王院から467m、下落合4丁目の目白通り沿いのイチョウを調べたら、今度は実が落ちていた。それもたくさん落ちていた。
こうしてスタッフが薬王院から半径1kmの範囲を捜索して見つけたイチョウの木は合計217本だった。この中でメスのイチョウはたった2本のみ。この2本のイチョウの木近くにもタヌキの寝ぐらになりそうな緑はあるが、ほとんど私有地なのでカメラを仕掛けることができない。なのでメスのタヌキが暮らす薬王院にカメラを仕掛け、タヌキの生態を追うことにした。
観察カメラには熱センサーが内蔵されていて、暗闇でも動物が近づけば自動的に撮影開始される。

新宿タヌキ物語〜オス2匹がメスタヌキにアピール

2018年2月に城島、国分、川上さんが境内を訪問。
国分「あっ!糞が増えてるよ!」
ため糞が3倍に増えていた。
川上さん「これだけあると複数のオスタヌキが来てる可能性が」
城島「けっこう来てるのか」
国分「カメラのメモリー見てみようよ」
最初に写っていたのは住み着いているメスタヌキだ。TOKIO命名「タヌ子」。糞をしている。
その10分後に写っていたのは尻尾の模様が違うタヌキ。
川上さん「オスだと思いますね」
国分「かわいいね」
オスはタヌ子の糞の上にため糞をした。
ほどなく、別のタヌキが現れた。オスBだ。
国分「あっ、威嚇してオス(A)を追っ払った」
オスBは追っ払った後、その糞の上にさらにため糞をした。
城島「どいてな、おっさん(て感じ)」
川上さん「自分の存在をアピールするため、上に糞をしてライバルの匂いを消すんです」
メスタヌキにとって、オスの糞はどれだけ栄養のいいものを食べているか健康状態を知る、いわば結婚のバロメーターなのだという。つまりタヌ子にプロポーズするためにオスがやってきたのだ。
城島「三角関係やね」
国分「新宿ラブストーリー」
オスAは気弱な草食系。これを城島は「田沼さん」と名付けた。
一方、これを追っ払ったオスBはオラオラな肉食系で、これを「B作」と名付けた。

このような関係のタヌキの行動は翌日も続き、田沼の糞にB作が必ず上書きしてしまう。
これを繰り返したのち、タヌ子はB作を選んで、カップル成立とあいなった。
その後田沼さんが再び現れることはなかった。
カメラの前に現れたB作が闇に消えると、タヌ子もそれを追って闇に消えた。
国分「このカップルの子どもができたら超感動しない?」

新宿タヌキ物語〜ベビー誕生

カップル成立から半年後の8月。3人が薬王院の森に入ってみると、ため糞があちこちにしてあった。これはタヌキが増えてるのかと期待したら、番組ADが携帯で撮影した映像を見せてくれた。
国分「ちっちゃいねえ」
城島「一瞬、子猫かと思った」
国分「目が光るんだ」
写っていたのは小ダヌキと思われる。体長約20cmで推定生後2ヶ月。タヌ子とB作の子だろう。
国分「子ダヌキ単独で動く?近くにタヌ子とB作は?」
川上さん「いるはずです」
子ダヌキは春に生まれ、半年もすると親と同じ大きさになる。
国分と城島は撮影場所を調べた。するとけもの道のような植物でトンネルになっているところを発見。ここは寺と住宅街の境目で外と行き来ができる場所だ。
川上さん「犬は脚が長いですが、タヌキは短いので、こういう狭いところもくぐり抜けられる」
犬とタヌキの共通の祖先は、2000万年前に生息したトマークトゥスという種類だが、オオカミや犬は走って狩りをするため脚を長くし、タヌキは落ちているエサを食べるため脚を短くしたという。
一行は境内の森のけもの道を辿っていく。すると、大きな横穴を発見した。
城島「この前見たときよりもめっちゃ幅が広がってるよ」
川上さん「タヌキは自分では掘らないが、元々開いている穴を広げることはよくやるんです」
国分「新築物件より中古物件の方が好きなんだね」(笑)
この穴は昭和初期まで新宿に生き残っていたキツネやアナグマが掘った、築80年ものと考えられる。
この穴の真ん前にカメラを設置した。

新宿タヌキ物語〜タヌキ3兄弟

後日、その映像を見てみると、子ダヌキが穴に入っている場面が写っていた。そうこうしているうちにもう1匹が穴に入っていった。間をおかず、さらにもう1匹が穴へ。
国分「3兄弟ってことですか?」
川上さん「おそらくそうだと思います」
城島「新宿3兄弟!」
川上さん「1度の出産で3〜5匹の子どもを産みます」
城島「(両手を広げ)このくらいかな」
川上さん「6月撮影よりかなり成長していますね」
国分「でも父ちゃん母ちゃんいないじゃないですか?」
川上さん「これくらい(生後4ヶ月)になると子どもたちだけでも行動します」
カメラは3匹がじゃれ合ってるところも捉えていた。
一行は薬王院の中庭に出て、猛暑をしのげる場所も確認。ここには水飲み場の池もある。
そこで、ここにもカメラを設置した。

新宿タヌキ物語〜兄弟は5匹だった

季節は秋(10月)。4月に産まれたベビーは半年を過ぎた頃だ。
池の近くのカメラには、水を飲む子タヌキが写っていた(8月下旬撮影分)。1匹2匹、もう1匹もやってきた。
国分「3兄弟だ。めちゃくちゃ可愛い」
見ていると、さらに次々と同じ大きさの子タヌキが現れた。2匹が加わった。
城島「5兄弟!?」
国分「ムルゴロウ王国の映像じゃん!」
この5匹はタヌ子とB作の子だろうと見ていると、もう1匹タヌキが加わった。
国分「母ちゃんタヌ子かな?」
城島「尻尾太いのが親の特徴?」
川上さん「そう、子どもたちはまだ細い」
国分「最初に子どもたちに水を飲ませて、後で警備していると」
川上さん「周りに敵がいないか見張ってたんでしょうね」
城島「タヌキも一緒なんですね。先にご飯食べさせる」
国分「親って、残り物でいいってなるんだよね」
城島「そうなんやなあ…」
見続けると、違う日の映像には昼間のシーンが写っていた。夜行性のタヌキとしてはよほどここが安全なのだろう。
川上さん「暑いから昼でも水のみに来てるんでしょう」

新宿タヌキ物語〜巣立ち

10月下旬、境内にやってきた一行が、巣穴が荒れているのを発見した。
城島「空き家か?」
2日前に撮影したというディレクターの携帯から転送してパソコンでその映像を見ると、穴の前にタヌ子がいて、子タヌキの姿が見えない。
川上さん「どっちかというと、子どもを追い払っているんじゃないかと思います」
子タヌキが成長すると、母は子どもを追い払って立派なタヌキとして他の場所で縄張りしてほしいと、戻ってこないよう、巣の前で見張っているのだという。
薬王院に仕掛けた5台のカメラに、もはや5兄弟の姿が映らなくなっていたのが、その証拠。
川上さん「確実に子どもは巣立ってますね」
国分「(2児の父として)さみしいんだよ。考えられないもん、娘がいなくなるって」
城島はその意見を複雑な表情で聞いていた。

子ダヌキが向かう先は、薬王院から1km圏内の緑が多く残る場所だろう。目白にある学習院大学、おとめ山公園、目白の森、せせらぎの里などへ行くと考えられる。
しかし、TOKIOのベース基地の近くに緑をたくさん増やせば、タヌキが来てくれる可能性もあるだろう。
父タヌキのB作も見当たらないのは、
川上さん「一度子が育つと別れちゃう」からとのこと。
国分「田沼さんとくっつく可能性もあるってことですか?」
川上さん「その可能性あります」
城島「ここへ来て田沼さん!復活やな」
国分「新宿ラブストーリー第2章に期待しましょう」


(2018年12月16日放送「ザ!鉄腕!DASH!」より)

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【帆船】「男爵ディーノ号」が行方不明に! 発見後、新アウトリガーを装着し、いざ出航! [DASH島]

DASH島図3.jpg


DASH島で開拓に着手して6年目。
舟屋造りからトロッコ線路の敷設、石橋造り、そして森の井戸から船屋手前までの水路造りを2年半がかりで完成させた。次なる課題は反射炉の建設。
基礎工事、土台、傾斜のある炉床から炉心部造りまでを1年半かけて行った。
一方、隣の島へ行き、島の物産品で交易したいと、帆船造りも行い帆船「男爵ディーノ号」を造ったが、大潮か台風の影響からか、ディーノ号が忽然と姿を消してしまった。

帆船「男爵ディーノ号」行方不明に

帆船「男爵ディーノ号」は、隣の島へ行き交易したいとの思いで、DASH島上陸以来の舟を帆船に改造したものだ。いわゆる帆立船の形で、船首には流木を取り付け男爵よろしくバケツの帽子をかぶせて「男爵ディーノ号」と命名した。これから島の物産を運んで隣島と交易を行う重要な手段なのだ。

それが秋のある日、島へ行った城島と松岡が「男爵ディーノ号」がないことに気づいた。
舟屋に舫ってあったはずが、ないのである。
スタッフは確かにロープでつないであったと言う。満潮時海水が舟屋まで侵入して船が浮く。干潮時は引き潮の勢いで強く引っ張られるが、しっかりロープで結んでいるので外れることはないだろうとのことだった。
では誰か人が盗んだのか?最近は船の盗難、エンジンの盗難が増えている。
あるいは潮で沖へ流されたのか?流されたのなら海上保安庁から何らかの連絡があるはずだが…
城島と松岡は海岸を辿って、船が流されているなら漂着するとおぼしきところを捜索した。
しかし、見つからない。沖を見つめても見渡せる範囲にはディーノ号はいない。
松岡「流されたりしたら海上保安庁から連絡来るもんね。あとこのへん漁船がいっぱいいるから、何か連絡があるよね」
城島「あと船長ね。太一がどう言うか」
松岡「船長は本来ここで見てなきゃなんないんだから、朝の番組終わったらここに来て見てなきゃ」

1週間後、その国分と長瀬もやって来た。
国分「盗まれたとしたら、ネットオークション見なきゃなんないの?」
長瀬「わははは」
一応スタッフがネットオークションを調べたが手がかりは見つからなかった。
国分「舟は大事だから。魚採るにしても隣島に行くにしても」
島内の移動や食料調達には欠かせないのが舟だ。
国分「じゃあ、造るしかないか」
長瀬「だよね」

そうこうしているうちにスタッフのランボーが慌てて国分たちのもとにやってきて、向こうの浜辺へ来てくださいと言う。
何事かと国分、城島、長瀬がついて行ったら、磯の海岸に船がもやってある。
国分「ええっ!これは!」
長瀬「舟あったの!?」
国分「和船じゃん!」
城島「どこにあったの?」
ランボー「沖にあって、漁師さんが見つけて持ってきてくれました」
長瀬「よかったよー」

海上保安庁に問い合わせたら、その日は大潮。なんらかの理由で島を離れたディーノ号は、引き潮に乗って北東へと進路を変え遠く離れたが、1週間周期で流れを繰り返す潮に乗り、再びDASH島近くに接近したところを漁船に発見されたと考えられる。

国分「若干傷ついてるね」
長瀬「よくひっくり返らなかったね。それだけでも幸運」
国分「あっ!男爵ディーノが落ちちゃってるじゃん!」
国分「もしかして男爵ディーノが落ちたことで、こいつ助かったかも」
城島「男爵が身代わりになったのかもしれんね」

帆船「男爵ディーノ号」にアウトリガー装着

いずれにしても男爵ディーノ号が戻ってよかった。これで漁にも隣島にも行ける。
しかし、隣島への海域は海が荒れる。一度向かったことがあるが、あまりの荒波でその時は断念している。
そこで、松岡が八丈島へ行きアウトリガーを学んできた。
横波に強く安定性がある、八丈島独特のアウトリガーは、ハワイが起源のシングルアウトリガー。250年前にハワイ移住者が持ち込んだと言われ、今なおこの島で重宝されているアウトリガーだ。
ディーノ号で採用したダブルアウトリガーだと水面から浮かすが、横風を受けると揺れ幅が大きくなる。シングルだと水につけっぱなしで、スピードは落ちるが横風に耐え安定性に優れている。
シングルアウトリガーは、進行方向に「ハ」の字型にして取り付けることで、進路も安定するという。
これを改装するディーノ号にも採用しようと、松岡はDASH島に乗り込んだ。流木の杉の木を使う。
松岡「この木を削ってアウトリガーを作ろうよ」
城島「逆三角形に削るんだね」
他の2人、国分、長瀬は船首像用の流木探しに海岸へ。そこで何と、流れ着いていたディーノを見つけた!
そのうち杉の木も形が整えられていった。
そして船への取り付けを行った。もちろん、ハの字型にして。

発見した男爵ディーノも船首に取り付けた。さらに頭には山本晋也監督風の帽子をかぶせた。
海岸で見つけたウサギ人形(関根と名付ける)をマスコットにして、帆も完成。
帆船男爵ディーノ号が再びDASH島に蘇った!

帆船「男爵ディーノ号」出航

帆船男爵ディーノ号が再び出航する日が来た。
国分船長、城島、松岡、長瀬の全員が揃った。
これに貿易品として、味噌・藻塩・傷薬・椿油・干しダコ・ヌタウナギを積んで、いざ、隣島へ!
DASH島を飛び出したディーノ号は、隣の「くじら島」へ。
国分「アウトリガーすごいね」
松岡「全然ゆれない」
国分を船長として、松岡が梶を、長瀬は帆を担当、城島は櫂(かい)で漕ぐ。
城島「ここから危険区域」
松岡「前回ここらへんでギャーギャー言ってね」
国分「やばい風が止まった」
松岡「でも初めてだよ、あれ(ブイ=安全水域標識)越えるの」
長瀬「あっ!向こうからでっかい船が!」
松岡「やばい。(反対側の)あっちからも来てるぜ」
長瀬「(ぶつかって)明日のニュースになるぜ」
松岡「タンカー来たら波すごくね」
国分「やばい、ホントにやばい」
すれちがった船はかなりの大きさ。もしこれにぶつかったら大変なことになる。
船のルール、海のルールを学ばなければならない。
そこで船は島へ戻り、一行は東京へ。

国分は東京ハーバー・ボートライセンス・スクールへ入学することになった。
ここで勉強し、一級小型船舶免許(20t未満操縦可)を取得するためだ。


以上、2018年12月9日(日)夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

茨城県鉾田市の「シルクスイート」は、甘く美味しく滑らかなサツマイモだった! [出張DASH村]

サンゴの肥料と収穫後の処置で素晴らしい味に

滑らか系のサツマイモ=シルクスイート

DASH村の経験を生かしてニッポンの農家をお手伝いする「出張DASH村」の今回の訪問先は、茨城県鉾田市のサツマイモ農家・吉田さんの畑。やってきたのは城島と長瀬。
吉田さんは農家の三代目。作っているのは新しい品種の「シルクスイート」というサツマイモだ。
普通のサツマイモとの違いは、焼くとわかるとのこと。焼き方はつぼ焼きで、金具で宙ぶらりんにしたイモを壺の中で炭火で焼くスタイル。早速味見してみると、
長瀬「うわっ!うめー!すげー!甘い!甘さが上品。口の中で溶けていく」
長瀬「サツマイモの味が濃くて、蜜の甘みも濃い、甘さも香ばしさもある」
城島「この後コメント何も言えへんやん」(笑)
城島が食べてみると、
城島「奥歯が弱くなってるから、この柔らかさ助かるわ。吉田さん切ない目で見ないでください」(笑)
城島「前に安納芋行ったけど、また違う食感やね」
安納芋はねっとり系で、焼き芋といえば紅あずまだが、これはホクホク系。吉田さんのシルクスイートはどちらでもないシルクのような食感で、いわば滑らか系といえる。群馬県の種苗会社が甘みが強い「春こがね」と肉質が柔らかい「紅まさり」とを掛け合わせて、甘く滑らかな舌触りの品種ができたという。
さらに、その特長を最大限に引き出すのは、化石サンゴ(沖縄与那国島産)を肥料としていること。70種類のミネラルがあり、これがイモにとって良いのだ。しかもミネラルは金属なので、遠赤外線が反射してムラなく焼き上がり、美味しい焼き芋となるのだ。

収穫は専用の機械で葉を刈り取ったら、芋掘り機で土の中からコンバインでイモを収穫する。芋づる状態なのでツルをむしって箱に入れる。1箱で30kgになる。9〜11月、吉田さんの仲間が手伝い1200tの収穫になるという。
収穫したサツマイモはすぐに出荷されるわけでなく、専用庫で32℃の蒸気に当てること90時間。それが終わると今度は隣の部屋に移し5℃くらいで冷やしてイモにストレスを与える。こうすると身を守るためデンプンを糖分に変え、さらに甘いサツマイモになるという。
こうして、収穫から1ヶ月かけ、ようやく全国へ出荷される。

地元ならではの食べ方で美味しく味わう

教えてくれるのはサツマイモ農園・経理担当の大賀さん。

【コロッケ】(城島+長瀬担当)
  ①つぼ焼きのシルクスイートの皮をむいてマッシュする
  ②下味をつけた合ひき肉と玉ねぎを混ぜる
  ③これを小判形にする
  ⑤これに小麦粉・卵・パン粉をまぶす
  ⑥170℃の油で揚げる
  ⑦3分で完成!

【ハッセルバックスイートポテト】(別名アコーディオンポテト=長瀬担当)
  ①電子レンジで10分加熱したサツマイモを割り箸を土台にして蛇腹に切る
   (切り落とさないでつなげる)
  ②切れ目にベーコン・チーズをはさむ
  ③その上にモッツァレラチーズ・塩こしょう・パセリを乗せる
  ④オーブンで180℃で10分焼く
  ⑤チーズが十分溶けたところで取り出し、完成!

【シルクスイート酢豚】(城島担当)
  ①シルクスイートを乱切りにする
  ②豚肉は茨城県産ローズポークをぶつ切りに
  ③豚肉を醤油・片栗粉で下味つけ
  ④サツマイモを素揚げする
  ⑤豚肉も揚げる
  ⑥中華鍋にケチャップ・酒・醤油・酢・砂糖などを入れ
  ⑦これにピーマン・パプリカ・玉ねぎ・にんじんを投入
  ⑧サツマイモと豚肉も投入
  ⑨さっと混ぜたら水溶き片栗粉でとろみをつける
  ⑩頃合いを見て皿に盛って完成!

【シルクスイート・パンケーキ】(長瀬担当)
  ①つぼ焼き芋をペーストにする
  ②パンケーキ生地にペーストを混ぜ込む
  ③これにレンチンした角切りシルクスイートを入れて混ぜる
  ⑤フライパンに丸枠で囲み、薄切りシルクスイート(レンチン)を並べる
  ⑥この枠内に③を入れて、蓋をし20分蒸し焼きに
  ⑦蒸し焼きができたら枠を取って、ひっくり返す
  ⑧裏面を5分焼いたら皿に移し、
  ⑨芋けんぴ・芋のハチミツ漬け・生クリームを載せれば完成!


以上で全部出来上がりました。さあ、実食です。

まずは【コロッケ】から
長瀬「んー、これはうまいっすね〜!甘さと塩こしょうのスパイシーな味」
城島「ジャガイモのコロッケと全然違う」
長瀬「サツマイモのほぐれ方が滑らか。溶けていく」
吉田さん「しみじみと食べました」
城島「あざす!」

次に【シルクスイート酢豚】
城島「サツマイモの甘みに酸味がベスト」
長瀬「サツマイモが酢豚の名脇役になってる」

続いて【ハッセルバックスイートポテト】
長瀬「スイーツではないけどスイートポテト」
城島「豚肉とチーズの組み合わせがシルクスイートに合うなぁ」
長瀬「甘みとしょっぱさが絶妙。ちょっとした前菜」

最後は【シルクスイート・パンケーキ】
長瀬「ふんだんに使ってるんでイモじゃないところが少ない」(笑)
城島「うお〜美味しい!上手に作ったなあ」
長瀬「うまい!しっとりした中に角切りした芋の食感が良いね。ホントにヘルシー」
長瀬「(大賀さんの)旦那さんが食べたそうにしてるけど、あ〜んしてあげたら」
大賀さんの旦那さん「(あ〜んしてもらって)美味しいですね、香りが良いです」(笑)

城島「胃もたれしそうだけど、全然平気」
長瀬「イモだけに?」
吉田さん・大賀さん「……」
長瀬「この世代に響かないね」

ということで、今回も楽しい出張DASH村となりました。

以上、2018年11月18日放送の「ザ!鉄腕!DASH!」からダイジェストで紹介しました。
【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。