So-net無料ブログ作成

福島DASH村で18度目の米つくりスタート!「新男米」「ふくおとこ」をテニスコート各1面分 [福島DASH村]

TOKIOの米作りが再スタートした!

福島DASH村18度目の田植え(新男米)

福島DASH村のあぜ道に2人の男の歩む姿があった。
城島と国分だ。国分は毎日の生放送もあって田んぼに来るのは6年ぶり。
時はすでに6月になり、田植えの時期は過ぎているが…
田んぼ脇のテントには三瓶専次郎さん、難波憲吾さん、三瓶金光さんが待っていた。
三瓶さん「懐かしい人が来たね」
国分「ご無沙汰しています」
専次郎さん「待ってたー」
城島「苗はどうですか?」
雨よけのテントの下には稲の苗が集められていた。
城島「伸びてますね、やっぱり。20cm。ひとコブシの大きさが標準なので…」
国分「倍だね」
例年「新男米」の田植えはひとコブシ大(約15cm)で田植えをしていた。しかし今年は10cm長い25cmまで育ってしまった。
城島「しかも黄色いですね。使い切っちゃったですね、栄養を。土もこれだけしかないですし」と苗の下を指差す。
4月上旬に蒔いた種が芽を出し、5月中旬には15cmとなり、この長さで田植えをするはずだったが、例の山口事件で田植えが遅れに遅れ、6月上旬には大さじ1杯分の栄養をすべて吸いつくし、枯れ始めていたのだ。
難波さん「もう、ぎりぎりだ」
専次郎さん「本来ならば、おら達で植えても良かったんだが、リーダーと太一くんの来るのを待ってたんだ。苗も待ってた、早く来てくれって」
三瓶さんたちは、この苗だけはTOKIOと一緒に植えたいと待っていてくれたのだ。
さらに、長く育ったため、根張りする前に風などでコロリと倒れてしまう恐れがある。
城島はそれを心配して首を傾げていたが、その時、専次郎さんが苗を持って、
専次郎さん「長すぎるから、この辺りでプチっと、こういうふうに」と、苗を指でちぎった。
城島「ちぎるんですか!?」
国分「ちぎっていいんだ! 昔からこのやりかたあったんですか?」
専次郎さん「ありました。遅れたときは」
金光さん「長くなった稲は切って植えたもんだ」
とはいえ、専次郎さんも金光さんも、こんな緊急事態は40年ぶりとか。

そこで、みんなで苗を切ることになった。
国分「ごめんなさいね。おそくなっちゃったからね」と稲に詫びる。
国分「愛情持って育てましょう」
城島「このやりかた初めて知りました」
国分「リーダーは色々知ってるけど、オレなんかはイモチ病で知ったかぶりしてた」
城島「松岡は〝根張りがいい〟」(笑)

こうして苗切りが終わったら、苗玉(苗の束)を作り、カゴに入れる。
そうしている間に、DASH村の人々もかけつけ、苗玉作りはみるみる捗っていく。
国分「田植えって、近所の人たちも手伝ってたんだ」
専次郎さん「結(ゆい)」
「結」とは鎌倉時代以前からの風習で、田植えや稲刈りなどの大仕事は近隣で助け合うことが行われてきた。
国分「こういうところで会話がいっぱいうまれたんだろうね。隣のおじさん性格悪いわ、とか」(笑)
専次郎さん「あそこの娘好きだなーとか」(笑)

700個の束ができあがると、いよいよ田植えだ。
城島「明雄さんがこのサイズがいいと」
苗を植える目印をガチ棒(トンボのような道具)でつける。これは国分が役を買った。30cmX30cmの大きめのサイズ。こうすると1株あたりにより多くの栄養が行き渡る。

さあ、腰に苗玉が入ったカゴを結びつけて、城島、国分、DASH村の仲間たち10人が田んぼの端に並んだ。
国分「遅れて苗には申し訳なかったですけど、田植えを行います!」
城島「18度目の田植え、お願いします!」
との掛け声で一斉に田植え。
専次郎さん「あまり深く刺しちゃダメ。ちょこっと置くだけでいいの」
苗は指でつまむように持ち、2〜3cmの土のところへ植える。それがよく根が張るコツとか。
浅すぎず深すぎずは難しいが、18度目ともなると城島はスイスイ植えていく。だが、ベテラン勢はさらに速い。
国分「何でそんなに速いんですか?」
専次郎さん「左手で次の苗を分けておくんだ」
城島「昔のパチンコみたいに」(笑)
国分「金光さんは88歳の動きじゃないよ」
といいながら作業ははかどり、田んぼの半分、田植えは終わった。
あとの半分は「ふくおとこ」だ。

テニスコート1面分の「ふくおとこ」の田植え

2016年に品種改良に着手した「ふくおとこ」は、その年とれた種はわずか107粒。翌年(2017年)畳10帖分の田んぼにしか植えられなかったが、その時できた種が14,000粒。今年はテニスコート1面分に植えられる。
城島と国分は「ふくおとこ」の柔らかい感触を田植えに感じていた。

約2時間でついに田植えは終わった!

城島「心配なのは雨やね」
国分は『ビビット』(TBS系)、城島は『週刊ニュースリーダー』のMCなので、気象情報は直ちに入る。情報交換しながら生放送終了後は約3時間で駆けつけられる。
国分「見守りましょう」

田植え祝いにみんなでごちそうをいただく

難波さんの奥さんなどが腕を振るった、料理がずらりとそろった。
豚汁、筍の煮しめ、漬物、梅干し(三瓶孝子さん特製)など色とりどりの料理が食卓に並んだ。
国分「うま〜い!」
城島「いい味!具が多いのがおいしいんやろな」
国分「いろんな旨味が溶け出して、懐かしい味」
城島「(梅干しは)家庭の味やね」
専次郎さん「田植え終わったと思うと美味しいべ」
国分「あと長瀬も松岡もいますんで」
城島「入れ替わり立ち替わり来ますんで、よろしくお願いします」

というわけで18度目の米作りがDASH村のみなさんの協力でスタートすることができた。あとはこれを注意深く見守り育てることだ。気象異常が続く今年は特に注意しなければならないだろう。

(以上、2018年6月24日・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より)

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

松岡昌宏が舞台『6週間のダンスレッスン』で草笛光子と共演〜初演から200回目の二人芝居で抜擢される [松岡昌宏]

9/29〜10/21よみうり大手町ホールで

松岡昌宏が舞台劇『6週間のダンスレッスン』を草笛光子と共に主演します。
2018年9月29日(土)から10月21日(日)まで、東京千代田区の「よみうり大手町ホール」で。
主催者の広告によると、
「2006年の初演から好評により再演を重ねてきた二人芝居。いよいよ通算200回公演に達する上演が決定!初演より引き続きリリー役を演じるのは草笛光子。マイケル役には新たに松岡昌宏が挑みます。年齢も生き方も違う二人が、ダンスを通じて心を通わせていく心温まる物語。現代でもっとも大切なものは何かを伝えていく珠玉の作品を、装い新たにお届けします」

松岡は、2017年5月の『ダニーと紺碧の海』、2018年3月の『江戸は燃えているか』に続く舞台出演で、このところ舞台づいています。
二人芝居なのでほとんど出ずっぱり。松岡ファンにはたまらないですね!!

原作:Richard Alfieri 翻訳:常田景子 演出:鈴木勝秀 振付:名倉加代子
主催:シーエイティブプロデュース 
予約:チケットスペース チケットぴあ ローソンチケット イープラス
8500円(全席指定・税込)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:演劇

反射炉の建設を再開! 久しぶりにTOKIO全員そろって共同作業 アーチの修復から炉床造りへ [DASH島]

DASH島図3.jpg


DASH島で開拓に着手して6年目。
舟屋造りからトロッコ線路の敷設、石橋造り、そして森の井戸から船屋手前までの水路造りを2年半がかりで完成させたTOKIO。現在、反射炉を建設中だが、台風被害でアーチ部分が崩壊していた。ここにきてようやく補修&建造に向けての準備が整い、ついにTOKIOの4人がDASH島に集結した。

反射炉の補修

昨年(2017)岡山・備前のレンガ工場で調達した耐火レンガで反射炉造りがスタート。築炉士・本勝さんの指導のもと、まず建設場所の浜辺の地盤を強化し、耐火レンガを積み上げた。3ヶ月かけて積み上げたレンガは約4000個。しかし、台風や暴風雨のせいでアーチ部分が崩れてしまった。原因は、レンガ同士の接着剤であるモルタルが乾く前に雨に打たれてしまったことだ。そうなるとモルタルは溶けてしまい、せっかく組んだアーチも崩れてしまったのだ。
そこで、スタッフは反射炉土台の上のアーチの上に木とトタンで屋根をこしらえた。

ということで、いよいよTOKIO4人がDASH島に集結、反射炉造りが再開された!

本勝さんの指導のもと、4人が協力してアーチ部分はほどなく修復。
次はアーチの上にレンガを組んでいく。そしてアーチの横にも。
使用したレンガは約5000個を数えた。
松岡「これでどれくらい進んだの?」
本勝さん「3分の1くらい」
城島「アーチの下に空気が入って…」
本勝さん「熱がこの下にも入って、熱を保つ、アーチの上が冷えないように」
城島「床暖房じゃないけど、ずっと暖かくしておく」
本勝さん「この上で燃料を燃やして、ドームで熱が反射して鉄を溶かす」
国分「この(アーチの)上がドームになるんだ!」
松岡「するとこの屋根が(作業の)邪魔ですかね」
城島「じゃ、この丸太をあげて、番線で丸太を継ぎ足して高くする」

松岡、長瀬が柱を持ち、国分が支点を押さえることになった。番線を締めるのはリーダー。
松岡「おれと長瀬はライガとフウガだぜ」(北斗の拳に出てくるライガとフウガはケンシロウを助けるため人力で巨石を支え続け絶命する)
長瀬「リーダー、番線がガバガバだよ」
そこでAD足立が助けに入り、番線について講習。
松岡「DASH島は足立の島だな」(笑)
もういちどやり直し、足立も手伝い、なんとか屋根の高さを上げた。

鉄が流れる斜面=炉床造り

本勝さん「今度は炉床に角度をつけます。鉄が流れる角度にします」
長瀬「スロープになるんですか」
本勝さん「そうです。ここは三和土で」
炉床は3m、一方をレンガ2個分15cmの高さにして程よい勾配のスロープにする。
勾配の目安に糸を張って、これに合わせて叩きを塗りこめていく。
国分「なかなかいい流作業じゃない?ちゃんとみんなの役割があって」
松岡、城島が叩きを炉床部へ運べば、国分がアーチの上に立って三和土をおおまかにならす。長瀬が最終的に細かくならす、という役割分担で、作業はトントン拍子に進んだ。
日が傾き始める頃、炉床のスロープができあがった。
長瀬「おっきいチョコレートケーキみたいだ」

1週間後、反射炉建設現場に城島、国分、長瀬と本勝さんが来て、スロープの上に超高温に耐える「ろう石レンガ」を敷く作業となった。
本勝さん「気をつけなければならないのは、目地は1mm以下に抑えること。でないと鉄が隙間にはいってしまうから、モルタルの厚みは1.5mm〜2mm」
長瀬「(モルタルに鉄が入って)漏れたらどうせ犯人探すんでしょ。ビデオで」
国分「あっ1回でうまくいった!」
長瀬「こっちもうまくできた!」
国分「こういう時メンバーがいないんだよね」
といったことなどを話しながら作業は進んで行く。

代わる代わるメンバーが駆けつけ、作業をし、レンガ積み347日目。
本勝さん「これで湯だまりの炉床ができました。(炉床の低部の壁に)穴二つありますね。上が不純物が流れる穴、下が良い鉄が流れる穴です」
城島「じゃ、モルタルで炉床テストや」
長瀬「じゃ、いきますよ!」
モルタルを溶けた鉄に見立てて、炉床テストを行い、鉄がうまく流れるかを試した。
城島「おっ!来た来た来た! いい感じやないですか」
長瀬「お、出たね! ようやく、鉄の流れる部分ができた」
本勝さん「反射炉としては6割ぐらい(の完成度)かな」
レンガを積み始めてからおよそ1年。まだ折り返し地点にすぎない。
城島「次はドーム、この上ですね」

いよいよ反射炉の心臓部造りへ。

以上、2018年6月24日夜7時・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。