So-net無料ブログ作成

DASH海岸に「マテガイ」が棲みついた! その水管を食べる「イシガレイ」(貴重種)もたくさん発見! [DASH海岸]

東京湾を多様な生き物が棲める海へ

東京湾の工業地帯の一角にある横浜DASH海岸は、今年で9年目。さまざまな工夫を施して生き物たちを呼ぼうと努力した甲斐あって、工場に囲まれているとは思えない透明度の水を実現。環境が良化した結果、生き物たちも予想を超える種類が集まり、しかも繁殖している。

DASH海岸にマテガイが棲み着いた

2018年4月中旬、城島と海洋生物専門家の木村さんは、横浜DASH海岸の浅瀬の海底を箱メガネで観察していた。
城島「穴がボコボコあいてる」
木村さん「うん、何だろう?」
城島「明らかに楕円形ですね」
海底に長さ約1cmの穴があちこちにあいているのだ。
城島「アサリとかコメツキガニの穴とは違う」
アサリなら二つ並んだ穴、コメツキならもっと丸い穴だ。
木村さん「これはねえ、“海のつくし”って呼ばれる生き物の穴ですよ。1キロ4000円くらいするかな」
木村さん「これ、姿見るにはコツがいるんですよ」
姿見るには、塩を穴の上にかければよいと木村さんは教えてくれた。
城島がそのようにすると、
城島「あーっ、出てきた出てきた!」
確かにつくしのようにニョキニョキと長い管がいくつも出てきた。
城島「かなりいますよ!」
木村さん「逃がさないようにつかんで、一気に引き抜かないでゆっくり抜いて」
城島がゆっくりゆすぶりながら引き上げると、大きな長い、葉巻状の貝だった。
城島「あー、マテガイですか!」
アサリの4倍の根がつく高級貝だ。しょうゆをかけて貝焼きにしたり、高級フレンチの食材としても使われる。
マテガイは、「きれいな砂地にしか棲めない」と木村さんは言う。昔は東京湾でもアサリとともに潮干狩りで採られていたが、今では激減している貝だ。
城島が子供サイズのマテガイを採った。子どもがいるのは大事と木村さん。
城島「いろんなサイズがあります」
木村さん「いいことですよ、ここで定着してるってことですよ」
マテガイは足の筋肉でジェット移動したり、砂に潜るのも素早い(タテに潜る)。
木村さん「潜りやすいように細長く進化したんでしょうね」
潜ったマテガイは水管を出して呼吸するとともに、海中にあるプランクトンを食べる。
木村さん「水管が何より好きな魚がいます。これだけ増えてるならそいつらも来てるんじゃないかな」
城島「水管食べるところ見たい」

DASH海岸でイシガレイを沢山発見!

というわけで、水中カメラを仕掛けてマテガイ水管周辺を観察することにした。
1時間後カメラを回収して観てみると、砂地からひらぺったい生物が水管をパクリとやる瞬間が写っていた。それも何匹もいる。
城島「競争して食べてる」
木村さん「すごく貴重な映像」
カメラには待ち伏せしてマテガイが呼吸で水管を出すたら、すかさずパクリと食べる映像もあった。
これこそ、絶滅危惧の「イシガレイ」なのだ!
城島「また横浜が騒ぎますね」
マコガレイ、マガレイと並ぶカレイ御三家の一角がイシガレイ。江戸時代から東京湾でカレイと言えばイシガレイのことだった。しかし近年埋め立てや汚染でイシガレイの漁獲量は1990年代から激減し、ほぼゼロになっていた「幻の魚」なのだ。横浜市の調査でも5年前(2013)に発見された時「大発見」と騒がれたが、去年(2017)5月に、ここDASH海岸で発見。
木村さん「漁業関係者が放送見て喜んだんですよ」日本各地の漁業関係者から木村さんに連絡があったという。
その時発見されたのは2匹。しかし、何と今年はあちこちに沢山発見できた!
城島はイシガレイを捕まえて水槽に入れた。まだ小さな子どものイシガレイだ。
城島「イシガレイを手で捕まえる時代が来るとは思わなかった!」
つまり、マテガイが棲めるようになったので、その水管を食べるイシガレイも増えた、ということなのだ。
木村さん「素晴らしい循環ですね」
そのうえ、これだけイシガレイがいてもマテガイが減る心配はないという。
木村さん「(イシガレイが食べるのは)水管だけ。水管はロケット鉛筆みたいに後から生えてくるんですよ」
城島「えっ!」
マテガイは水管が襲われたらすぐに切り離し、本体は水の中に潜ってしまう。失った水管は約1週間で生え揃うという。したがってイシガレイはマテガイの水管は食べ放題。こうして13cmほどに成長したら浅瀬を離れ、海に出て貝やエビを食べる。こうして卵を産める大人になり、生まれた赤ちゃんはマテガイがいる浅瀬に戻ってくる。

木村さん「今年はちょっとずつ増えているので、漁船もイシガレイの水揚げがあるみたいですよ」
と木村さんが言ったので、今度は東京湾の対岸、千葉のカレイ漁師・中島さんの漁船(2016年にマコガレイ漁でお世話になった)に乗り込みイシガレイを獲って、ご馳走にあずかろうと、城島と木村さんはDASH海岸を飛び出した。

1970年代はイシガレイが豊富に獲れたようで、漁師はカレイ御殿を建てたものだと中島さん。しかし今では少なくなり、数とサイズに気をつけながら漁をしているとのこと。
アクアラインに繰り出した。この近くには盤洲干潟という関東最大の干潟があり、イシガレイが好きなふかふかの砂があるので、一番の漁場なのだ。こうして一行は見事大きな(40cm以下はリリース)イシガレイ1匹を獲って、刺身、煮付け、から揚げなどで舌鼓を打ったが、この詳しい模様は
【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】(http://www.ntv.co.jp/dash/)で。

(以上、2018年5月20日放送の「ザ!鉄腕!DASH!」より)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

島茂子がDVDシングル・デビュー! 「家政婦のミタゾノ」主題歌『戯言』の発売記念リサイタルを実施 [城島茂]

「ザ!鉄腕!DASH!」4人で再開

派遣された家庭をのぞき見てはぶち壊すダークヒーロー・三田園を描いたTVドラマ『家政婦のミタゾノ』は松岡が主演しているが、その主題歌を城島茂ふんする島茂子が歌っている。『戯言(ざれごと)』がそれで、ドラマとともに何かと話題となっている。

ところで、島茂子は5月18日、東京・池袋サンシャインシティ噴水広場でデビューDVDシングル「戯言」の発売記念リサイタルを開催。約2000人の観客を見渡しながら「お客さん一人一人に顔を向けるようTOKIOの城島さんに教わりました」とニッコリ。歌謡ロックテイストの同曲を熱唱した。
(2018年5月19日・SANSPO.COMより)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

事件後初の「ザ!鉄腕!DASH!」の視聴率が20%超え! リーダーが福島DASH村でお詫び  [ザ!鉄腕!DASH!]

「ザ!鉄腕!DASH!」4人で再開

山口事件後、しばらく休止していた「ザ!鉄腕!DASH!」は、2018年5月13日にTOKIO4人での放送を再開した。
ファンが待ち望んでいたのと、事件で注目を集めたのとで、視聴率は今年最高の20.8%に達した。これはこのあと8時から放送の「世界の果てまでイッテQ!」の22.4%には及ばぬものの、毎週視聴率トップとなる時計代わりの朝ドラ「半分、青い。」の20.7%を上回る数字(因みに「西郷どん」は14.4%だからいかに日テレの日曜日が強力かがわかる)。

「ザ!鉄腕!DASH!」の再開にあたって、様々な企画・プロジェクトも再開した。以下はそれぞれの企画の模様を紹介。


DASH海岸で石起こし

5月1日午前9時。横浜DASH海岸には城島と海洋環境専門家・木村さんの姿があった。事件後初めて海岸に来たのだ。
この時期は潮の干満差が大きくなり、海底の砂が巻き上げられて、生き物の棲みかとなる岩の隙間が埋まってしまう。
なので、石を掘り起こして小さな生き物が隠れられる隙間を作らなければならない。隙間がないとせっかく棲みついた生き物たちが行き場を失ってしまう。
いつもなら4月中に行う作業だが、事件の影響で5月1日までずれ込んだ。しかもこの日は4日連続の夏日ということもあり、小さな生き物にとって日陰が必要なのに隙間がないので、行き場を失いかけていた。
ユビナガスジエビ、マハゼの赤ちゃんなどがそうだ。
行き場を失い沖へ行くと、大型の肉食魚の餌食になってしまう。
城島「(この作業を)急がないと…えらいこっちゃ」
岩や石を起こして隙間を作ってあげたら、
城島「あっ、もういますよ、ここに」と指差した。
木村さん「イソガニですね」
すくってみると、イソガニは卵を抱えていた。
木村さん「卵は1万個くらい」
城島「えっ、そんなにある。丈夫な子を産んでくれよ」と元の場所に戻した。
木村さん「人がダメにしてしまった海を、人の手で戻していかないと。時間かかるけど、やり続けていかないといけないわけですよね」

こうやって岩おこしをすれば、生き物たちが助かるとともに、水温が上がる6月、ニホンウナギやスズキもDASH海岸にやってくるから、非常に大事な作業なのだ。



DASH島で反射炉造り再開!

快晴の5月4日、DASH島の砂利の浜辺を長瀬が一人歩いていた。土音が聞こえる浜辺を。しばらくすると、作業員が数人、反射炉造りに余念がないところへたどり着いた。
長瀬「皆さん、いろいろとご迷惑ご心配をおかけしましてすみません」
反射炉建設指導・高炉マイスター・本勝さん「一緒に頑張ってかちあげて完成しましょうよ」
長瀬「そう言っていただけると…」
長瀬は工事中のスタッフにも挨拶し、作業にとりかかった。
長瀬「これはとにかく完成しないとね」
本勝さん「完成させないと故郷へ帰られへん」
長瀬は「よしっ!」とばかり張り切りだした。
しかし、スタッフはおとなしい。
長瀬「おまえら暗いな!反射炉造り終わったら一緒に泣くぞ!」(笑)
と、スタッフに喝を入れた長瀬。スタッフもこれに応じて張り切りだした。

DASH島に上陸したのは2012年の9月。
以来、開拓は試行錯誤の連続だった。島は山の斜面と森が大半で未踏のところも多い。足を踏み入れたのは島の3分の1にすぎない。
それでも古井戸を整備し、舟屋を造り、井戸と舟屋を結ぶ運搬路としてのトロッコ線路も敷設した。
さらに井戸からの水を引く水路も造った。
2015年、台風11号で壊された線路と水路が通る砂州の部分に、苦労して石橋も造った。

これらにあたっては、それぞれの専門家の力と知恵を大いに借りた。

食料調達も、味噌造り、魚釣り、自然薯作りなど、いろいろなことに挑戦した。

DASH島開拓は、次にどんな様相を見せてくれるのか?今後が非常に楽しみだ!



新宿DASH基地屋上のミツバチの巣箱に偵察バチ!

5月4日、新宿DASHのベース基地屋上には国分とスタッフの姿があった。
スタッフ「ハチがもう来始めてます」
国分「対策が必要だ、これは。今の時間帯は一番日が当たるもんね」
と話し合っているのは、ミツバチ用の巣箱に引越しのための偵察バチが見にきていたので、日差しが強く気温が暑くなるこれからのことを考えて、何か対策をしなければということからだ。
ミツバチ用の巣箱はミツバチが好む杉の廃材で作っており、入口も他の大型ハチが入れないミツバチ・サイズとなっている。しかし、このままでは暑さに弱いミツバチが来たくても来れないだろう。
行き場を失ったミツバチたちは街の片隅に集まり駆除されてしまうこともありうる。したがって急がねばならない。
国分「日陰を作ろう」
涼しい環境を作るには、直射日光を遮るものが必要だ。
そこで国分は、古代の竪穴住居にも使われるイネワラを使うことにした。福島で栽培している「新男米」のワラを持ってきた。
このワラを巻いて厚めのスダレにして、巣箱を覆うようにした。
さらに、偵察バチを呼び込もうと、ミツバチの巣と日本酒で作った、「呼び水」を巣の出入り口付近に塗った。
これでミツバチが来てくれればと、あとは待つだけだ。



福島DASH村に城島が謝罪に出向く

福島には「新男米」と新種の「ふくおとこ」の米の苗が残っている。これをどうするのか? 
4月29日、城島、国分と番組プロデューサー、担当ディレクターが集まって協議した。
城島「ここ、緑色になっていますねえ」網を指差し城島は言った。
プロデューサー「ロケを進めていくのかどうなのか、スタッフも色々意見があって…」
国分「僕たち主導では動けない、米のことは」
プロデューサー「(福島の農家さんに)直接顔を合わせて話はできてない」
城島「米ってDASHとかテレビとか超えた部分があるじゃないですか。もちろんオンエアしてなんぼの世界ですけど。ただ、繋げるということで(苗に)罪はないような気がするんですよ」
プロデューサー「リミットがあって季節的な」
ディレクター「田植えは5月半ば、その前に田に水を入れなきゃいけない」
国分「今僕らがタイムリミットに向かって動くのは、ちょっと違う気が…」

この協議を経て、ついに城島は動いた。5月10日、福島DASH村の皆さんに会うことにしたのだ。
18年間、共に米作りをしてきた皆さんだ。
城島がまず謝った(画面では飛ばしてるがおそらくそうだろう)のち、
三瓶専次郎さん「明雄さんがいたら”大馬鹿者“と言われたかも。だけど、”まだまだ“とも言ったよ」
他の方から「これから!」との声もかかった。
専次郎さん「今まで津島(浪江DASH村)で十何年もやってきて、震災の時も原発事故でも一緒に逃げて一緒に苦労して(米作りを)やってきたんだから、ここで終わらせない。またみんなで一緒にあの米を育てていく、そういう気持ちでみんな集まってます」
三瓶専次郎さんはこのように言ってくれた。

おそらく米作りは再スタートすると思われる。このあとの模様は次週の「ザ!鉄腕!DASH!」で放送される。

(2018年5月13日・日本テレビ系「ザ!鉄腕!DASH!」より)

【ザ!鉄腕!DASH!公式HP】http://www.ntv.co.jp/dash/



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【山口達也事件】TOKIO4人で再スタート決定!〜山口は事務所と契約解除 [山口達也]

TOKIOの仕事は4人でやることが決まった!

TOKIOが5月2日、まず被害者と関係者への謝罪が先決と都内で会見を開いたが、その際、山口から辞表が出されたことが明らかになった。辞表はリーダーの城島預かりとなっていたが、このほど事務所のジャニー社長と城島とが協議し、山口からの辞表を受理、山口と事務所との契約が解除されることに決まった。

また、TOKIOで出演するテレビ番組、CMなどは今後、4人で行うことも決まった。

これによって、「ザ!鉄腕!DASH!」「TOKIOカケル」は4人で継続、スズキ・ソリオ、黒猫ヤマト、フマキラー、福島農産物なども4人で出演したCMに変わっていくことになる。

東京オリンピック・パラリンピックのフラッグ・アンバサダーは今後検討するとしている。

この件に関して、TOKIOは連盟でメッセージをマスコミに送った。

「誰のために何をすべきか、それだけを考え続けた日々でした。
 僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには言葉だけでは足りませんし、何より、これ以上言葉で語るべきものではないと思います。
 自分たちに変えられるものがあるとすれば、それは明日であり、目の前にあることからです。
 今一度TOKIOとして原点に戻り、それぞれが己と向き合い、誰のために、いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、前を向いていきたいと思います」

        TOKIO 城島茂 国分太一 松岡昌宏 長瀬智也

  (2018.5.6「sponichiAnnex」を基に編集)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

愛!wanna be with you… (初回限定盤+通常盤セット) [ TOKIO ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

fragile [ TOKIO ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2016/10/22時点)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。